クリアファイルデータの作成注意点(特定商品の注意点) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

特定商品の注意点

クリアファイルデータの作成注意点

PP(ポリプロピレン)は透明な素材ですので、印刷しますと絵柄が透けてしまいます。そのため、ホワイト版(白版)を作成し、絵柄の下に白を打つことによって透けにくくします。また、全面に白を打つと中の書類が見えない状態になります。プロセスでの白ヌキ部分は透明になりますので、白にする部分をホワイト版で表現することになります。

ご準備いただくもの

クリアファイルの作成イメージ

  • ※レイアウトソフトはIllustratorのみの対応とさせていただきます。(当社対応フォント以外は全てアウトライン作成を行ってください)
  • ※特色印刷はお受け出来ません。
  • ※ホワイト版では画像(ビットマップデータ)を使用しないでください。
  • ※プロセス(CMYK)と別ファイルにてホワイト版を作成してください。プロセスデータと同座標の全体トンボを作成の上、K100%(べた塗り)で作成してください。
  • ※入稿データに出力見本(印刷原稿、ホワイト版)を添付してください。出力見本はデータチェック時に参考にさせていただきます。但し、細部までのチェックや文字校は行いません。体裁の確認として使用します。
  • ※K100%ベタ塗りについてはこちらをご覧ください。

ホワイト版の作成方法

ホワイト版の絵柄はプロセスデータの絵柄より「-0.1mm」オフセットしてください。

ホワイト版作成方法イメージ

  • ※クリアファイルはPP素材であるため印刷時に伸縮が起こります。このため、プロセスデータの絵柄と同じ大きさでホワイト版を作成されますと、ズレによって白がのぞいてきます。

作成手順

  • 1.プロセスデータの絵柄にあわせてK100%でホワイト版の絵柄を作成します。
  • 2.「効果」メニュー→「パス」→「パスのオフセット」でオフセット値に「-0.1mm」を入力します。角の形状、角の比率はデータによって調整してください。
  • 3.「オブジェクト」メニュー→「アピアランスの分割」
  • ※Illustrator8をご使用の場合は「オブジェクト」メニュー→「パス」→「パスのオフセット」を実行してください。
  • ※「オブジェクト」メニューの「パスのオフセット」では、元のパスに対してオフセットされたパスが追加で作成されますので、オフセット前のパスを削除していただく必要があります。

特定商品の注意点へもどる

ページトップ