トンボ込み仕上がり(サイズ) - データ作成時の注意点(Adobe Photoshop) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Photoshop

データ作成時の注意点

サイズ トンボ込み仕上がり トンボ込みの仕上がりをご希望の場合

当社で印刷した後に、製本・断裁されるなど、後加工のためにトンボが残った状態での仕上がりをご希望の場合は、データサイズはご注文の当社断裁サイズ+塗り足しで作成し、内側に残したいトンボ(内トンボ)を配置してください。
またご入稿時の備考にて「トンボ込み仕上がり」のご指示と、仕上がりサイズ(当社断裁サイズ)をご連絡ください。

  • ○A3サイズでご注文いただき、B4サイズのトンボを残した仕上がりをご希望の場合

両面印刷では、内トンボの位置関係を表裏であわせる必要があります。データの配置にはご注意ください。

表面のトンボレイヤーを反転して裏面のトンボを作成すると、ドキュメントの中のトンボ位置を合わせることができます。

  • ※背景が透明のレイヤーはドキュメントサイズに対して正確に反転できません。
    トンボレイヤーの背景はドキュメントと同じサイズの白にしておいてください。

アプリケーション別ガイドへもどる