配置画像の保存形式 - データ作成時の注意点(InDesign/Quark) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録
InDesign/Acrobat/Quark

アプリケーション別ガイド InDesign/Quark

データ作成時の注意点

配置画像の保存形式

InDesign/Quarkに配置するPhotoshopデータ(画像)の保存形式はEPSを推奨しています。

【EPS】 推奨保存形式

DTPでもっとも一般的な画像形式。
1ファイルに画像データとプレビューデータを保存でき、
Illustratorでリンク画像として配置すると、プレビューが表示されます。

おすすめのEPSオプション設定
プレビュー Macintosh (8 bit/pixel) WindowsはTIFF (8 bit/pixel)
エンコーディング JPEG - 最高画質(低圧縮率)
  チェックボックスはすべてオフ
  • ※チェックボックスをオンにすると、出力時のCMYK値が変わったり、
    グレースケール画像がCMYK4色に変換されることがあります。

  • ※EPSで保存するには「画像を統合」する必要があります。またアルファチャンネルも保存できません。

Photoshop DCS形式に注意
Photoshop DCS形式の配置には対応していません。トラブルの原因となりますので使用しないでください。ファイル拡張子が「eps」となり、EPS形式と判別が付かなくなりますのでご注意ください。

【PSD】 InDesignのみ

Photoshopネイティブの保存形式で、透明を含むすべての情報を保存できます。
入稿時は[表示レイヤーを結合]し、不要な非表示レイヤーを削除したファイルを
ご用意ください。

※[画像を統合]すると背景の透明が失われます。

【TIFF】

EPSに次いでDTPでよく使用される画像形式です。
EPSより汎用性が高く、いろいろなアプリケーションで開くことができます。
EPSのようにプレビューを持たないので、画像の読み込みに時間がかかることがあります。
クリッピングパスを設定できますが、レイアウトソフトでクリッピングパスが有効にならないことがありますので、使用しないでください。

保存オプションの画像圧縮は「なし」か「LZW」を選択してください。

Quarkで使用される時の注意点

Quarkで画像ボックスのカラーが「なし」に設定されていると、画像の白い部分だけが抜きとなり、背景にあるオブジェクトが出力されてしまいます。そのような場合は画像ボックスのカラーを「白」などに変更してください。

逆に抜きでの出力を希望される場合は、画像ボックスのカラーを「なし」に設定するのではなく、Photoshopでクリッピングパスを使用し、 EPSで保存されることをおすすめします。

アプリケーション別ガイドへもどる