保存 - 必須チェックポイント(Adobe Illustrator) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Illustrator

必須チェックポイント

  • 1.サイズ
  • 2.フォント
  • 3.配置画像
  • 4.グレースケール
  • 5.指示
  • 6.保存

Check4 グレースケール

データは正常に保存されていますか?

印刷に対応したファイル形式[ai/eps/pdf]で保存してください。また保存した後に、データが破損してないか、最終のレイアウトで保存されているか、データを開いて確認してください。

pdfで保存される場合は、「PDF入稿ガイド」に沿った手順でデータを作成いただく必要があります。

保存時の注意点

印刷に不要なレイヤーやオブジェクトは削除して別名で保存してください。
上書き保存をすると、アウトライン化されたフォント等、データの再編集ができなくなります。

Illustrator入稿の推奨保存形式[ai]

Illustrator標準の保存形式です。作成したデータの機能を失わずに保存することができます。

  1. 1.「Adobe Illustrator」などの、拡張子が「.ai」となるフォーマットを選んで「保存」します。
  2. 2.オプション設定画面を次のように設定してください。
    バージョン必ず作成したバージョンを選んでください。
    下位のバージョンで保存されると、そのバージョンにない機能が失われ、 データに不具合が生じることがあります。
    フォント100%(Illustrator入稿ではフォントのアウトラインをすべて作成してください。)
    オプションPDF互換ファイルを作成:任意
    チェックを入れるとファイル容量が大きくなりますが、PDFに対応したソフトで、データを確認することができます。InDesignに配置されるときは必須です。
    配置した画像を含む:オフ
    リンクで配置した画像があるときに選択できます。チェックを入れるとファイル容量が大きくなります。
    配置した画像を含む「オン」で保存したときに画像が移動する問題 ※InDesignにIllustratorデータを配置するときはチェックを入れてください。
    ICCプロファイルを埋め込む:オフ
    圧縮を使用:任意
    チェックを入れると保存時間が遅くなりますが、データを劣化させずに容量を小さくできます。

必須チェックポイント 全てご確認ください

  • 1.サイズ
  • 2.フォント
  • 3.配置画像
  • 4.グレースケール
  • 5.指示
  • 6.保存

アプリケーション別ガイドへもどる