線設定とヘアライン(その他) - データ作成時の注意点(Adobe Illustrator) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Illustrator

データ作成時の注意点

その他 線設定とヘアライン

罫線には0.25pt以上の線幅を設定してください。
これより細い線は、印刷時にかすれてしまったり、濃度や角度によっては消えてしまうことがあります。

ヘアライン

ヘアラインとは「線幅」がゼロ(空欄)で「カラーパレット」の「塗り」にのみ色が指定された罫線です。画面やプリンタではある程度の太さになりますが、ヘアラインは出力機で出力できる最も細い線となり、実際には線幅のない罫線ですので、印刷時にかすれてしまったり、消えてしまいます。

オブジェクトの色設定には「塗り」と「線」があり、ラインは「線」に色設定をしないと、線幅が無効になります。一見画面で見えるので見落としてしまいがちですが、ラインは「線」に色設定をし、「線幅」を設定してください。

線の色設定

薄いグレー等で線の色指定をすると、線が波打ったり、線幅や濃度によっては破線のようになって、ほとんど見えなくなることがあります。これはオフセット印刷が、網点といって点の密度で色の濃淡を再現している為です。網点の密度が高いグラフィックビジョン(280線印刷)の方が、通常の210線印刷に比べて目立ちにくくなります。紙サンプルをご確認ください。

アプリケーション別ガイドへもどる