グレースケール変換できないオブジェクト(グレースケール) - データ作成時の注意点(Adobe Illustrator) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Illustrator

データ作成時の注意点

グレースケール グレースケール変換できないオブジェクト

Illustratorの「グレースケールに変換」では、変換できないオブジェクトがあります。ご使用の際はご注意ください。あらかじめこれらのオブジェクトはグレースケールで作成されることをおすすめします。

以下の機能はCS2までの「フィルタ」メニュー→「カラー」→「グレースケールに変換」が適用されません。

パターン

パターンが適用されたオブジェクトを選択し、「オブジェクト」メニュー→「分割・拡張」にて、個別のオブジェクトに変換してから、「グレースケールに変換」をおこなってください。

グラデーション

「グラデーションパレット」で個別に色を選択し、それぞれの色を「カラーパレット」のオプションメニューで「グレースケール」に変更してください。

アピアランス(効果、グループの塗り)

アピアランスとは、ドロップシャドウ、ぼかし、光彩などの効果や、グループに対して設定された色設定などのことです。「オブジェクト」メニュー→「アピアランスを分割」をしたあとに、「グレースケールに変換」をおこなってください。

アピアランスを分割→グレースケールに変換

以下の機能はCS3〜の「編集」メニュー→「カラーを編集」→「グレースケールに変換」が
適用されません。

レジストレーションカラー(CS3〜)

個別に選択して、色設定を変更してください。

レジストレーションカラー(C100 M100 Y100 K100)はトンボ(トリムマーク)でのみ使用される色設定です。
他のオブジェクトに設定されると、4ベタとなり、印刷上のトラブルを引き起こす原因になりますので、トンボ以外で使用されないよう、十分ご注意ください。

アプリケーション別ガイドへもどる