アウトライン作成できない文字(フォント) - データ作成時の注意点(Adobe Illustrator) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Illustrator

データ作成時の注意点

フォント アウトライン作成できない文字

通常の手順「書式(文字)」メニュー→「アウトラインを作成」で
アウトライン作成できない文字があります。

エンベロープ

エンベロープを使用したフォントは、「オブジェクト」メニュー→「エンベロープ」→「拡張」でアウトライン化してください。もしくはアウトライン作成後にエンベロープを使用してください。
(同様の機能の「効果」メニュー→「ワープ」を使用したフォントは、アウトライン作成可能です。)

エンベロープ→拡張

グラフ

グラフツールで入力された数値は、「オブジェクト」メニュー→「グループ解除」をおこなってからアウトラインを作成してください。グループを解除すると、グラフとして編集できなくなります。

グループ解除→アウトラインを作成

パターン

パターンに登録されたフォントは、「オブジェクト」メニュー→「分割・拡張」をおこなってからアウトラインを作成してください。パターンを登録する前にアウトライン作成することをおすすめします。

分割・拡張...→アウトラインを作成

これらの機能に含まれたフォントは、「書式(文字)」メニュー→「フォント検索(フォントの検索・置換)」や「ドキュメント情報」パレットで、フォントが検知されない場合があり、そのままご入稿いただきますと、文字が正常に出力されませんので、ご使用には十分ご注意ください。

アプリケーション別ガイドへもどる