レガシーテキスト(フォント) - データ作成時の注意点(Adobe Illustrator) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Illustrator

データ作成時の注意点

フォント レガシーテキスト

レガシーテキストとはIllustrator10以前のバージョンで作成されたテキストオブジェクトを、IllustratorCS以降のバージョンで更新せずに開いた状態のことをいいます。
開く際に次のような警告がでます。

OKを押して開くと、レガシーテキストととして開きます。レガシーテキストを、表示、移動、プリントアウトすることは可能ですが、そのまま文字を編集することができません。

更新を押して開くと、通常のテキストデータと同じように、文字を編集できるようになります。しかし文字詰めなどが反映されず、体裁が変わってしまうことがあります。

レガシーテキストのトラブル

一度レガシーテキストとしてファイルを開くと、フォント検索等でフォントを検出できなくなります。もしレガシーテキストが残ったまま入稿されると、文字化けの原因となります。(※レガシーテキストはデータチェックの対象となりません。)

レガシーテキストとしてファイルを開いたら、そのままフォントのアウトラインを作成してください。できるかぎりデータ作成途中でIllustratorのバージョンを変えないことをおすすめします。

アプリケーション別ガイドへもどる