プロセス印刷時のスポットカラー(カラー設定) - データ作成時の注意点(Adobe Illustrator) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Illustrator

データ作成時の注意点

カラー設定 プロセス印刷時のスポットカラー

印刷で使用するインキには「プロセスカラー」といわれる、CMYK4色を掛けあわせて使用するプロセスインキと、特定の色に調合されたカラーインキ「特色」があります。

プロセスインキのみを使用する「プロセス印刷」では、特色(スポットカラー)は使用しないでください。
使用された場合は、ご入稿前にカラータイプを「プロセスカラー」に変更してください。

特色(スポットカラー)のプロセス(CMYK)変換

  1. 1.「スウォッチライブラリ」の「カラーブック」から使用した色(PANTONE、DIC等)は特色(スポットカラー)として登録されます。
  2. 2.「スウォッチパレット」を確認し、図のマークになっているものが「特色」です。
    図:スウォッチパレット(特色)
  3. 3.何もオブジェクトが選択されてないことを確認し、該当の色をダブルクリックするか、「スウォッチパレット」のオプションから「スウォッチオプション」を選択します。
  4. 4.「カラータイプ」を「特色」から「プロセスカラー」に変更してください。
    ※このとき「グローバルカラー」のチェックを外さないようご注意ください。

特色(スポットカラー)設定はトラブルの原因となります。

事前にご指示のない場合は、プロセス印刷となります(データ上の特色指定はデータチェックの対象とはなりません)。特色(スポットカラー)はCMYKに変換されますが、CMYKで表現できる範囲内で置き換わりますので、色が大幅に変わってしまう場合がございます。
またCMYK変換はアプリケーションやRIPの設定に依存しますので、変換結果が常に同じとは限りません(再版時同じ色再現ができないことを意味しています)。あらかじめご了承ください。

特色インキを使用しての印刷をご希望の場合は、事前にお問い合わせください。

アプリケーション別ガイドへもどる