透明の分割・統合設定(透明効果) - データ作成時の注意点(Adobe Illustrator) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Illustrator

データ作成時の注意点

透明効果 透明の分割・統合設定

透明効果や、透明に影響を受けるオブジェクトが保存・出力されるときの解像度を設定します。
適切に設定されていないと、仕上がり全体が粗くなり、印刷品質を落とす可能性があります。

[Illustrator9]

初期設定の解像度が低くなっていますので、必ずドキュメント毎に設定をしてください。

「ファイル」メニュー「書類設定」で「透明」タブを選択、
「プリント・データ書き出し」の「画質/速度」スライダを「高画質/低速」に合わせます。

同じく「書類設定」の「プリント・データ書き出し」タブを選択、
「オプション」の「ラスタライズ解像度」を「400ppi」に設定します。

[Illustrator10]

「ファイル」メニュー「書類設定」で「透明」タブを選択、
「分割設定」の「ラスタライズ/ベクトル設定」スライダを「ベクトル:100」に合わせ、
「可能な場合オーバープリントを保持」にチェックを入れます。

[Illustrator CS〜CS6・CC]

「ファイル」メニュー「ドキュメント設定」の「透明」で、「プリセット」を「高解像度」に設定します。

アプリケーション別ガイドへもどる