パターン上の透明効果使用(透明効果) - データ作成時の注意点(Adobe Illustrator) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Illustrator

データ作成時の注意点

透明効果 パターン上の透明効果使用

パターンを使用したオブジェクトの上に、透明効果を含んだオブジェクトが配置されると、細い罫線が印刷に入ってしまうことがあります。

Illustratorでは、パスで作成した絵柄を「スウォッチパレット」に登録すると、「塗り」や「線」の色指定として使用できる「パターン」という機能があります。
パターンを適用したオブジェクトは、見た目は一つのオブジェクトですが、実際にはタイルのように分割された状態で処理されています。

  • 元になる絵柄を用意
  • スウォッチパレットに登録
  • 「塗り」として使った状態

このパターンの上に、透明効果を含んだオブジェクトが配置されると、
細い罫線が印刷に入ってしまうことがあります。

  • イメージ
    パターンと透明効果を重ねる
  • イメージ
  • イメージ
    細い線が印刷に現れる
  • パターンに重なる透明効果は、できるかぎり使用しないでください。
  • ※透明効果を使用していなくても、パターンに登録した絵柄の端に余白があると、
    パターンに隙間が発生します。

アプリケーション別ガイドへもどる