ドキュメントのラスタライズ効果設定(透明効果) - データ作成時の注意点(Adobe Illustrator) - テクニカルガイド - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

アプリケーション別ガイド Adobe Illustrator

データ作成時の注意点

透明効果 ドキュメントのラスタライズ効果設定

「効果」メニューにある「ドキュメントのラスタライズ効果設定」は、「ドロップシャドウ」や「ぼかし」などの効果の解像度を設定しています。

この設定がスクリーン(72dpi)になっていると効果が粗く表示・印刷されます。
印刷データではカラーモードはCMYKに、解像度は高解像度(300dpi)か、
その他で任意の適正な数値(400dpi)等に設定してください。

またこの設定はドキュメント毎に設定する必要があります。
CS3以降のバージョンでは、新規ドキュメント作成時に設定することができます。
CS2以前では初期設定で72dpiになっていることがありますので、
新規ドキュメント作成後に確認してください。

一度72dpiの設定で適用された効果を、作業中に300dpiの設定に変更すると、
効果のかかり具合が変わってしまうものがあります。改めて効果を設定しなおしてください。

アプリケーション別ガイドへもどる