プロの画像補正 - 一般のデジカメでもできる基本的な設定方法です - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録
まずは、こちらから印刷注文/価格表
  • 印刷の通販グラフィック
  • 24時間年中無休の
    印刷会社【グラフィック】
    新しい印刷サービスをご提供!

写真撮影の基礎知識 プロが教えるデジカメ撮影テクニック

第2回 デジカメの基本設定

商品撮影はフルオートにまかせるのではなく、カメラの設定を変えて撮ると、一般のデジカメでもきれいな写真を撮ることができます。オートモードで各種設定変更ができない機種では、 モードダイヤルをプログラムモードアイコンまたはマニュアルモードアイコンの位置にして各種設定を変えてみましょう。

  • アイコン:プログラムモード
  • アイコン:マニュアルモード
ご注意
撮影モードの呼び方およびマークの表示は機種によって異なります。詳細はお手持ちのカメラの説明書でご確認ください。
原則としてフラッシュは禁止

暗い場所でも明るい写真が撮れるフラッシュは便利な機能ですが、商品写真の場合は原則として使用しません。フラッシュを使用すると、強い影ができたり、微妙な陰影が飛んで、商品の持つ雰囲気が自然に伝わらないからです。あらかじめ発光禁止モードアイコンにしておきましょう。デジカメは、露出の設定によって、室内の蛍光灯程度の光でも十分に撮影可能です。

  • アイコン:発光禁止モード

フラッシュ使用 フラッシュ不使用

接写はマクロモードで

宝石やアクセサリーなど小さな商品を撮影するときには、ぐっと被写体に近づいて撮影するケースも多いでしょう。通常のプログラムモードやマニュアルモードではピントが合いにくくなりますので、こんな時はマクロモードアイコンに合わせましょう。通常30〜40cmの距離から撮影しても、ピントをしっかり合わせることが可能です。

マクロなし マクロモード

画像サイズ・画質モードの設定について

デジカメには、画像サイズや画質モードをさまざまに設定できる機能があります。どのようなサイズやモードで撮影すれば良いかは、その写真の用途(印刷物かHPか?大きく使うのか小さく使うのか?)によって決まるので一概には言えませんが、一般的には下記のような設定を参考にしてください。

  • ・印刷物に使用する写真→最大サイズ、最高画質で撮影するのが望ましい。「Fine」モード以上をおすすめします。
  • ・ホームページなど、パソコンで見せるための画像→サイズも画質も中間くらいの設定でOK。「Normal」モードでも十分です。

また、写真を大きく使いたい時ほど、大きな画像サイズ、高画質で撮るようにしましょう。

写真撮影の基礎知識 プロが教えるデジカメ撮影テクニック

第1回写真の使い方を考えよう

お店のDM や広告に載せたいのが商品の写真。さっそくデジカメを構える前に、しっかりと押さえておきたいポイントとは…?

第2回デジカメの基本設定

商品の姿を正しく、魅力的に伝えるために、
露出補正の技術をぜひマスターしましょう。

第3回ズーム

デジカメの望遠と広角の特長をお教えします。商品の性格や、見る人の印象も考慮して、ケースバイケースで撮り方を工夫しましょう。

第4回露出補正

商品の姿を正しく、そして商品の魅力的に伝えるために、露出補正の技術をぜひマスターしましょう。

第5回ホワイトバランス

私達の身の回りにはさまざまな光源があります。デジカメで商品写真を撮影する時、どの光源が適しているのでしょうか?

第6回フォーカスロック

普通にシャッターを押すだけではピンボケになってしまったり、背景にピントが合ってしまうケースがあります。

第7回商品撮影に必要な道具

身近なものを利用して商品を魅力的に撮影しましょう。ちょっとした工夫で見違えるような写真を撮ることができますよ。

第8回商品撮影のセッティング

撮りたい商品が決まり必要な機材が揃ったら、いよいよ撮影に入ります。撮影準備の最後は、カメラと被写体のセッティングをしましょう。