第6位 Mr.B/Mrs.B

しっとりした餅肌とグロスな輝き

Mr.Bはマット調の風合いに印刷再現性に優れているラフグロス紙。ややラフっぽい紙表面とインキが乗った面のグロス感の対比は、インパクト十分なパフォーマンスを備えます。同じシリーズのMrs.Bは、Mr.Bよりもきめが細かくデリケートな紙質。

ユーザーのつぶやき〜ツイッター・アンケートより〜

インクが乗るとつやっとして、全面インクにすれば艶やくし、
白を残せばマットと艶とのコントラストがでて好きでよく使ってます。
@_chichiron

しっとり、もち肌感が好きです。
@atobe_w

写真の色ノリが結構いい。
@minex2222

適度なマット感で文字も読みやすいから、
2年間名刺はこの用紙のお世話になってます♪
@adnap

名刺にMr.Bスーパーホワイト180kg使いました。
しっとり感がよかったです。
@kicocoro

ミスターBとミセスBの両方の紙かなー。
私のカバー表紙その二つを大抵使ってます。
ちょっとざらざらした感じが使いたい時と
さらっとした感じを出したい時で使い分けてますよ。
@masamin1007

ワンポイントアドバイス

インクがのった部分のグロス感を出したいときは、深みのある濃い色の方がオススメ。紙表面はサラサラした質感なので奥行きのあるツヤを表現するのに最適の紙です。インクの合計濃度は300%までに抑えて下さいね。サラサラ感も欲しいときは白場を残しましょう。

閉じる