第1位 ペルーラ スノーホワイト

キラキラ輝く魅惑の真珠

ペルーラとは、スペイン語で「真珠」という意味。その名前の通り両面ともキラキラと輝き、上品な美しいパールトーンのような風合いのファンシーペーパーです。インキが乗ったところの発色も高い彩度をキープ。高級感を演出したいツールや、名刺、ポストカードなどこだわりの印刷物に大人気の用紙。

ユーザーのつぶやき〜ツイッター・アンケートより〜

どんなに沢山の紙があっても、パッと人目を引く、
そのパール調光沢の美しさ♪ 一目惚れです。
@michilu_yk

細かなラメの入った紙で印刷物に高級感が♪
白地を生かしたデザインで紙のキラキラが一層際立ちます
+・; :*:・。,☆゚@morutarumagic

綺麗だけど派手すぎなくて好き。
@muneneco

キラキラ具合がイラストと合っていて良かったです。
CMYKで入れてもモニタ通り色が鮮やかに見えるのがいつも凄いと思います。
@doemonyu

キラキラしてて白黒印刷でも濃淡でグレーがシルバーに見えたり、
テクスチャで質感が出たりとアイディア次第で色々できるから。
名刺用に提案して使って頂く事も多いです。
@ohmurasaki

淡いかわいい色を印刷して使うのが好きですー!!
この前本の表紙用につかわせていただいたんですがかわいかったです(´ω`)
@_ktchp

結婚式の時ペーパーアイテムに使ったペルーラ。
パールがかった上品な紙で、Kを5%〜8%くらいで載せると
シルバーっぽく見えるの。また使いたいなー。
@fstream

大本命のオススメ用紙です。
色を薄めにデータを作れば紙のキラキラ感が活かされてすっごく綺麗。
友人にも「綺麗だね、なんていう紙?」と聞かれました。一味違う!
@mmmngg

ワンポイントアドバイス

間近で見て、紙の輝きを感じていただける印刷物に使いたいですね。デザインのコツは、あまり色を乗せる面積を大きくしないこと。紙自体のキラキラした質感を生かすために、ある程度白場を残しておくのがおすすめです。

閉じる