For the creation. 表現を支える、印刷のチカラ。(2010年3月号掲載)- 広告BackNumber's - &グラフィック -

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

創るだけじゃモノ足りない。Kyoto Art Festa 2009 artDive

写真:出展作品

「心が動くか?予想を裏切れるか?どれだけ楽しめるか?」

写真:多田誠三さん
ひらめいたものや、見たことがないもの・・・、そんなクラフトを作りたい。そして、見る人にどれだけ楽しんでもらえるかですね。少しでも自分の作品が広がれば嬉しいです。
陶芸家/楽土(Raku-do)多田誠三

写真:出展作品

「コンセプトの独自性と、色の美しさにこだわります」

写真:新井笑佳さん
今回の出展で自分の作品がどんな評価をいただけるかが楽しみ。グラフィックデザイン、写真、ファッション、プロダクトなど、独自のコンセプトでなんでもマルチにやるのが私のスタイルです。
グラフィックデザイン&ファッション/新井笑佳

写真:出展作品

「空気感とか“ぬけ”の気持ちよさを表現したい」

写真:dannyさん
ライブペイントは初めてだったので、まず自分が楽しんで描けたらいいなぁって。今回のモチーフの登山風景は、実は父の学生時代の古いアルバムから。こういう空気感が好きなんでしょうね。
イラストレーター/danny

写真:出展作品

「直感を大事に、気持ちの入った“一点モノ”を」

写真:長岡絵美さん
素材の買い付けからデザイン、制作、時には販売まで自分でやることで、本当に満足のいくものができるんだと思います。今後「アートダイブ」が盛り上がっていくといいですね。
アクセサリー創作/スーベニール 長岡絵美

写真:出展作品

「見ていただく方に元気になってほしい」

写真:Blue Rosesさん
Blue Rosesは、新進気鋭のアーティストたちがガールズイラストの可能性を広めるプロジェクト。アートには、見る人がポジティブな気持ちに、元気になるような力があると思います。
ガールズイラスト/Blue Roses

artDivehttp://www.artdive.net/

artDiveは、2009年12月に京都でスタートした、若手クリエイターのためのアートフェスタ。さまざまなジャンルのアーティストが一堂に会し、作品展示や販売を行います。誰でも気軽にアートに触れて、ワクワクするような新しい出会いや可能性が生まれるステージです。

株式会社グラフィックは、artDiveに協賛しています。

For the creation. 表現を支える、印刷のチカラ。

伝えたいから、気持ちをカタチに。

2009年12月にスタートした、
京都発のアートイベント「artDive(アート・ダイブ)」。
出展したクリエーターたちに
作品制作にかける想いを尋ねました。

アートとは、気持ちをカタチにする作業。
カタチにすることで誰かに伝えることができるし、
また、誰かが創ったカタチから新しい刺激を受けることも。
そうして一堂に会したアートから
たくさんのコミュニケーションが生まれる場、
それが「artDive」です。
一人で作品を創るだけでは、モノ足りない。
誰かに伝えて、誰かと響き合って、
アートは本当に価値のあるものになるのかもしれません。

私たち印刷の通販®グラフィックは、artDiveに協賛し、
印刷サービスを通してクリエーターを応援しています。
「伝えたい気持ち」を、ぴったりのカタチにできるように
さまざまな色や素材を使ったプリントスタイルを追求しています。
そして人のコミュニケーションの幅をもっと広げたい、
それが私たちの願いです。

ページの先頭へ戻る