長3封筒 作成ガイド

封筒の色と印刷の色

封筒用紙

当社でご用意している「刷り込み用封筒」の用紙の色です。下記以外のものは現在お取り扱いしておりません。あしからずご了承ください。
封筒用紙はクラフト、ケント、カラーの3種類からお選びください。

※画面出力用のイメージ画像ですので、実際の用紙の色味はお手数ですが下記よりサンプルご請求ください。リンク先の「お問い合わせ内容」の欄に、ご住所、お電話番号、郵便番号、宛名をご指示ください。

印刷色

刷り色は15色の特色から、1色もしくは2色をお選びいただけます。

【ご注意】上記DICカラーは画面表示用に変換しているため実際の刷り色とは異なります。
出力イメージは、サンプルにてご確認ください。

  • ※特定15色以外を使用される場合は1色につき2000円追加(追加納期1日)となります。事前にカスタマーサポートまでお問い合わせください。)ご利用上の注意点につきましては、特色印刷の注意点をご確認ください。

形状・データ作成について

長3封筒の貼り方

サイド貼
裏面から見て右端側で貼ります。中心に貼目がこないために印刷の際に平均的に圧をかけることができ、きれいな印刷が出来る貼り方です。

データ作成の注意点

ガイドで作成された斜線エリアより内側にレイアウトしてください。

  • ●刷り込み封筒は既存の封筒の表側に印刷されます。仕上がりから10mm内側であれば印刷は可能ですが、のり付け部分は紙が重なり、厚みが変わってきますので着色部分に段差が生じる場合があります。
  • ●長3サイズでは郵便枠が印字されておりますので、その付近のレイアウトは避けてください。当社テンプレートのガイドはその部分を考慮して作成しています。
  • ●刷込用印刷機の性質上、広範囲のベタや色網につきましては色ムラが起こる可能性がありますので予めご了承くださいませ。

1色の場合はK版(ブラック)で、
2色の場合はK版(ブラック)とM版(マゼンタ)で作成してください。

  • ●掛け合わせは仕上がりの予想が難しいためお薦めできません。
  • ●毛抜き合わせ部分に隙間が生じる可能性がございます。133線での印刷となりますので、K版、M版ともになるべく100%で作成してください。また、細かな白抜き文字は潰れる可能性がございますのでお避けください。
必ず当社の長3封筒印刷(刷り込み)の
テンプレートをご使用ください。
形状の変更を行っている可能性がありますので、
ご注文ごとに最新版をダウンロードしてご使用ください。
テンプレートダウンロード

封筒のサンプルをご用意しています。ぜひご請求ください!

閉じる