カッティングシートの貼り方・剥がし方

カッテイングシートの基本施工 水貼り方法

1.被着面の汚れは、キッチンペーパー、ウエスなどで清掃します。(水やアルコールなどをお使いください)
2.マスキングテープで被着面のしるしを施し、スプレーで水を吹き付けます。
3.シートの剥離紙をゆっくりと丁寧にはがします。
4.すぐに貼り付いてしまわないように、スプレーで糊面に水をふきつけます。
5.被着面のしるしにシートを合わせ、中央部分から外側に向け、水や気泡を押し出しながら丁寧に圧着してゆきます。
6.シートが被着面に十分接着している事を確認し、アプリケーションシートはゆっくりと丁寧にはがします。

※スプレーの水は水500mlに対して台所中性洗剤1〜3滴を入れます。但し洗剤の種類により濃度が違いますので、薄いと貼り直し及び位置合わせができなくなり、濃いと剥がれる場合があります。

カッティングシートをより美しく仕上げるツール!

スキージ(ヘラ)・カッターナイフ・霧吹きスプレー(石鹸水)・キッチンペーパー(ウェス)・定規・マスキングテープ等。
専用スキージ(ヘラ)はオプションにて購入可能です。(+100円)

カッティングシートの剥がし方

1.カッティングシートの端を少し剥がします。

2.そこにドライヤーの熱を加え、糊を溶かしながら剥がしていきます。

3.カッティングシートを除去した後、糊が残っている場合は、シール剥がしスプレーなどを使って落とします。

※シール剥がしスプレーを使用する際には、事前に目立たない部分でテストを行ってください。

閉じる