日本最大級の全11種類マルチマテリアル3Dプリント・3D印刷サービス - 印刷・ネットプリントなら印刷通販の【グラフィック】

初めての方へ

印刷の通販【グラフィック】

  •  
  • 新規会員登録

TIPS - 3Dプリントにオススメのモデリングソフト

オススメの3Dモデリングソフト

3Dモデリングソフトのタイプ

サーフェス・CAD系ソフト 正確な数値入力と曲線、図形アイテムを組み合わせて造形します。
スマホケース等のデザイン雑貨、工業製品のデザインに向いている。
ポリゴン系ソフト 三角や四角のポリゴンを繋ぎ合わせて造形します。
有機的なデザイン等、様々な形状が作れるが、造形可能な状態にするには少し敷居が高い。
スカルプト系ソフト ポリゴンソフトよりさらに直感的で、粘土や彫刻で造形する感覚。
人物や生物等の造形に向いている。ペンタブレット推奨。
ページトップへ

タイプ別オススメの3Dモデリングソフト

タイプ別オススメの3Dモデリングソフト

  無料(入門) 無料(高機能) 有料
Mac&Win(サーフェス系) 123D Design Rhinoceros(Mac) Rhinoceros(Win) 定価144,000 円
Mac&Win(ポリゴン系)   Blender Modo 定価176,400円
Mac&Win(スカルプト系)   Sculptris ZBrush 定価96,600円
iPad(スカルプト系) 123D Sculpt   123D Creature 定価450円
ブラウザーで利用可能 3dTin    

※Rhinoceros(マック版)は開発中のため、無料で試用できます(2013年4月現在)。 Windows版も25回まで保存できる試用版があります。

Rhinoceros

無料で本格的に"デザイン雑貨"を作ってみたい方へ
オススメソフトNo1は"Rhinoceros"

【オススメポイント】
  • ・雑貨等のプロダクトをデザインしてみたい方に超オススメ!
  • ・グラフィックデザイナーは習得が容易!
  • ・Illustratorデータを使用して、立体化ができる!
  • ・プロダクトデザイナー御用達!プロが愛用する本格的ソフト。
  • ・なんと、Mac(開発)版は現在無料で使える(2013年4月現在)!
  • ・Winの試用も25回の保存まで無料で使える!

公式サイトはこちら▼
http://www.rhino3d.com
MAC版ダウンロードはこちら▼
http://mac.rhino3d.com/content/DownloadWIP.aspx
操作方法をわかりやすく紹介しているサイト▼
http://rhino.itami.com

Sculptris

無料で本格的な"キャラクターフィギュア"を作ってみたい方へ
オススメソフトNo1は"Sculptris"

【オススメポイント】
  • ・キャラクターフィギュアを作ってみたい方に超オススメ!
  • ・ペンタブレットがあれば完璧!
  • ・3Dの知識は全く不要!
  • ・粘土や彫刻のように、直感的に造形が可能!
  • ・MacでもWinでも使えて、なんと無料!
  • ・さらに極めたくなったら、ZBrushに挑戦!

公式サイトはこちら▼
http://oakcorp.net/zbrush/sculptris/index.php
操作方法をわかりやすく紹介しているサイト▼
http://yamakatu.blog.so-net.ne.jp/2012-08-12-1

  • ・イラストレーター(Adobe Illustrator)入稿で、3Dプリントを試してみたい方 = "イラレで3D"はこちら
  • ・(作れる形状に制限はあるが)とにかく無料で簡単に3Dプリントを試してみたい方 = オススメのソフト :123D Design
  • ・iPadを持っていて、とにかく簡単にキャラクター(フィギュア)を作ってみたい方 = オススメのソフト : 123D Creature
ページトップへ

オススメの3Dスキャンサービス

写真や動画から3Dデータ作成(ブラウザーで利用可能)
Cubify Capture

Cubify Capture
手順
  • 1. 対象物の周りを回るように、30-40枚の写真(または20-60秒のビデオ)を撮影します
  • 2. Cubify.comにログインし、Cubify Captureから、Createメニュを選び "Create New Capture"を選択します。
  • 3. 撮影した写真またはビデオをアップロードします。タイトル、説明、タグなども入れます。
  • 4. アップロードが終わったら、Cubify Captureのクラウドエンジンが自動でデジタルの3Dオブジェクトを再構築します。
  • 5. プロセスが終了すると、Cubify Captureからできあがった3D Cubify Captureモデルのリンク情報がメールで届きます。
  • 6. できあがった立体モデルが3Dで見られるだけでなく、モデルの編集もできます。
     例えば要らない部分を削除できます。これはスクリーン上の“ crop"ツールで行います。
  • 7. 最後に、Cubify Captureモデルをダウンロードして、他の3Dモデリングアプリケーションで利用したり、3Dプリントで使うことができます。
     ファイルは、.STLファイル(テクスチャ情報なし)、または objファイル+テクスチャファイル(.mtlまたは.jpg)で保存できます。
     obj + テクスチャ情報があれば、フォトリアリスティック3Dモデルとして再利用できます。
注意事項
  • 開発段階でまだまだ発展途上のサービスです。
    完全に3Dプリントに適したデータにするためには、撮影時や3Dソフトで工夫が必要なようです。
    詳細については、Cubify Captureサイトをご覧ください。
ページトップへ